総計: 697660  今日: 2  昨日: 21       Home Search E-Mail
   原付改造サイト
プロフィール チューニングルーム ギャラリー いのば部屋 趣味 リンク
    深夜のFMラジオ
    トイレの悪夢
    森山未来さん
    悪魔の手
    耐えろ!!
    メリクリ
    不思議なメール
    猛毒妻
    2月14日
    ヒーロー
    引越し
    理容室?美容室?
    眼科にて

この前 デパートに買い物に行ったんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り買い物を済ませて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五階の駐車場に向かう為にエレベーターにのったんです

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ ここまでは何処にでもある普通の話しなんですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターに乗ってる人の中にすっんごくお猿に似てるおじさんがいたんです

 

 

 

 

 

 

 

 

このおじさん、夫婦で乗っていて 奥さんは普通なんですが おじさんは恐ろしくサル似

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう見た瞬間に笑いが込み上げてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃヤバイと思い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視線を他の人にうつすと乗ってる人、全員の様子が変・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、笑いこらえてんぢゃん・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうエレベーターの中は

 

 

 

 

 

 

 

 

「おじさん、サルに似てる!」という無言の空気に包まれているんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこの段階で私は限界に近い状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうキリギリ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か一言でも言葉を発しようものなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから爆笑に発展してしまいそうなヤバイ状態でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分他の人もそうだったんだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって誰として話しをする人は居なく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただひたすら階を表示するランプを見つめてるんですもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく少しでも微笑んだら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっこの人おじさんがサルに似てるから笑ってるんだ」って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に思われる状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ…ヤベェ笑っちまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでボソッと「バナナ…」って呟くだけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーター内は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆笑の渦になるんだろうなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっ・・・! 迂闊な事想像するもんじゃないなマジヤベェ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カミさんは!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなときウチのカミさんはヘーキなんか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コイツ…笑ってるし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角に顔を隠して声は出してないけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オマエ肩が小刻みに震えてるぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

もう限界…こらえすぎて息できねぇ〜…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!そうだ!息子だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三歳の息子をあやしてるフリすれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し位笑っても変じゃないよな ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺ってば、あったまいい〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

この名案に光りを見いだした私は早速息子に声を掛けようと見ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまった…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番ヤバイ奴をノーマークだった!

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターの空気は理解できないが

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんがサルに似てる事は理解出来るらしく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんを凝視してるじゃありませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも嬉しそうに…

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ・・・・ここにきてとんでもない事を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次の瞬間息子がトドメの一言

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  「ウキッ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だぁぁぁーーーっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これと同時にエレベーターのドアが開きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すいませぇぇぁあぁ

 

あはははははははは

 

はははーっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

もう 息子の腕を引っつかみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑いながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッシュでその場から逃げました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんゴメンなさい。